南アメリカ先住民に小さなこんな物語がある。「森か燃えていました/森の生きものたちは/われ先にと/逃げていきました/でもクリキンデイと云う名のハチドリだけはいったりきたり/くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは/火の上に落としていきます/動物たちがそれを見て/「そんなことしていったい何になるんだ」と云って笑います/クリキンデイは/「私は、私に出来ることをしているだけ」と、答えました/

不思議なことに、これとそっくりな話がお経にも出ている。そこでは一羽にオームが、山火事を消そうと羽を濡らして滴を運んでいる。 南アメリカとインド…文化や民族の異なるが、魂がゆすぶられる言い伝えが遺されてきたのだ。

ところで、真宗門徒なら誰でも知っている『正信偈』の冒顕「法蔵苔薩 因位時 在世自在王仏所」にもこの話が秘められている。
ある国の王が、佛と出遇った。その名は、世界で一番自由自在な佛という。国王はその佛を師と仰ぎ、国を棄てて弟子となった。 そして自分も佛と成り、どこにもない清らかな国士を作りたいと願って、師に教えを乞うた。師は、弟子がどこまで本気なのか見極めてから短い説法を始めた。 「ある人が、大きな海の水を、一っの器で汲み取ろうと思いついた。それがどんなにとてつもない願いでも、それが真実(まこと)ならば、どんなに長い時間をかけてでも、きっとそれを成し遂げるだろう」師は弟子を「法蔵苔薩」と名づけた。ここにも、ひとしづくの心が語られている。

これらの物語には、現代人が抱えている、「あきらめ・無力感・無関心」の壁を乗り越えるヒントがある。

南無阿弥陀佛




サイトマップ
TOPページに戻る
Copyright c Shogyoji. All Rights Reserved